JP EN 0

icon

「MILAMORE」は、今までの美の基準に捉われず、
それぞれの個性を認め、性別や文化的な境界線を超えた
美しさを追求するブランドです。
ブランドキャンペーンもその精神に基づき、
印象的でインパクトあるヴィジュアルを
打ち出しています。

Campaign 2019

フォトグラファー:Bettina Rheims1980年代初頭から第一線で活躍を続ける世界的フォトグラファー。2013年には、ナポレオンの時代から続くフランス国内の最高勲章「レジオン・ドヌール勲章」のコマンドゥールを、当時のフランス大統領ジャック・シラクより受賞しています。彼女の写真は、被写体となるモデルの強さと脆さを浮き彫りにし、シャーロット・ランプリングやモニカ・ベルッチなど、歴史に残る大女優たちの新たな表情を映し出してきました。過去にはシャネルやディオールなどのビックメゾンの広告キャンペーンも多数手がけています。

なぜBettina Rheimsなのか?

「MILAMORE」のクリエイティブディレクターは熱心なアートコレクターであり、Bettinaの長年の友人です。
彼は特に、Bettina Rheimsが2014年に行ったジェンダーの境界線を越えたアートプロジェクト「Gender Study」に深い感銘を受けました。
「MILAMORE」のブランドキャンペーンを行うにあたって、Bettina Rheimsがそのレンズで捉えた不完全な美しさこそが、ブランドのコンセプトをカタチにする最良の選択であると考えました。